研究紹介

研究紹介

遠隔看護が必要な背景

医療費の8割が病気の治療費に使用されています。病気にならずに命をまっとうできる健康寿命を延ばすことが今後の医療の課題です。
今日の医療は経験に基づいた病気の分類に依存した医療が中心的です。今後の医療は、科学的な根拠に基づいた個別医療(personalized medicine)に医療の中心が変わっていきます。

未来のテレヘルスケアの形

本研究センターが目指している未来のテレヘルスケアの設計図です。個別化医療を実施するためには、このような仕組みが大事となります。

次世代遠隔看護ステーションの形

次世代の訪問看護ステーションに必要な要素です。東京情報大学遠隔看護実践研究センターでは、来年の開業を目指して「遠隔看護ステーション」を準備しています。そのための必要要素をあらわしたものです。

生体センサーの開発

IoTオールインワン生体計測装置

非侵襲で日常的に経時的に病気の予測や悪化を計測できるウェアラブルな生体計測センサーの開発を進めています。

  • 生命兆候
    • 脈拍・血圧計測
    • 体温計測
  • 病態兆候
    • 血中酸素濃度計測
    • 血糖値計測
    • 血中脂質濃度計測
    • 血管年齢計測
  • 精神・心理兆候
    • 脈波揺らぎ計測(自律神経)
    • 体動感知計測

以下は、研究センター長が研究課題の一つとして取り組んでいる一つについて、TED(Technology Entertainment and Design) in Tsukuba にて講演した内容です。

バイタルサイン計測技術

社会の健康ニーズが進み、在宅医療の発展が求められる中で、遠隔医療・看護を実施するために必要な「バイタルサイン」から得られる感性的な情報を、安全かつ簡便・非侵襲的に測定・伝達し、看護として活用できる新技術の提案です。産学連携による機器開発によって、実用化に向けた検証を行っています。下図に示したのは、試験機と診断用解析画面です。

転倒転落予知センサーの開発

ベッド上での動きをIoTで経時的に観察しAIによって、ベッド上からの転倒転落予兆を観察する手法の開発をしています。今後はあらゆる生活用具や介護用具などに応用することを目指しています。

次世代遠隔看護用のアプリ設計画面

この図は、タブレットで展開する実験用のテレナーシング画面の構成図です。

今後の研究計画と評価の指標

遠隔看護実践研究センターで現在行っている研究内容です。来年度には実装実験を行ってその波及効果を検証する方向で研究を進めています。

研究成果発表(関連業績)

  1. D. Araki, H. Noguchi, T. Mori, H. Sanada and T. Kawaguchi, Comparison of movement discrimination method using center-of-gravity variation analysis on bed by the types of mattress, FrDT14-01.9, 2017
  2. Kaori Higano, Taiga Shibayama, Masao Ichikawa, Miwa Motomura, Hitoshi Shimano, Yasushi Kawakami, Kayuri Furuya, Takayasu Kawaguchi, The Effects of Telenursing with Goal Attainment Scaling in Diabetic Patients: A Case Report, International Journal of Nursing & Clinical Practices, ISSN: 2394-4978, Vol2, 2015
  3. Yoshihiro Asano, Takayasu Kawaguch:Preliminary study of effect of readiness on circulatory regulation when standing up from low chair, Journal of Nursing Science and Engineering, 2(3), 180-187, 2015.
  4. Daichi Araki, Takayasu Kawaguchi: Effect on Cerebral Blood Flow of Using a Power Assist Robot for Standing, MOJ Anatomy & Physiology, 1(5), 2015
  5. 川口孝泰, 遠隔看護とイノベーション-在宅医療の新展開:遠隔看護の現在と在宅医療におけるその役割, 看護研究, 48(2), 104-111, 2015
  6. 川口孝泰, 豊増佳子. 西山直美. 内藤隆宏, 遠隔看護とイノベーション-在宅医療の新展開:遠隔看護のクラウドベースでの実用化をめざして, 看護研究, 48(2), 145-151, 2015
  7. 荒木大地, 浅野美礼, 川口孝泰, 遠隔看護とイノベーション-在宅医療の新展開:遠隔看護におけるデバイス開発と応用事例, 看護研究, 2015, 48(2), 129-135
  8. 日向野香織, 柴山大賀, 林啓子, 川口孝泰, 遠隔看護とイノベーション-在宅医療の新展開:遠隔看護の取り組み事例 慢性疾患患者のサポート, 看護研究, 48(2), 136-144, 2015
  9. 本村美和, 川口孝泰, 中規模病院の看護管理者に求められるコンピテンシー尺度の開発, 日本看護研究学会雑誌, Vol. 36(1),61-70, 2013
  10. Satoh M, Kawaguchi T, Masuhara K: Cross-cultural Adaptation and validation reliability, validity of the Japanese version of the Hip disability and Osteoarthritis Outcome Score (HOOS) in Patients with Hip Osteoarthritis, Osteoarthritis and Cartilage (ELS), 21, 570-3, 2013
  11. Emiko Minakuchi, Eriko Ohnishi, Junji Ohnishi, Shigeko Sakamoto, Miyo Hori, Miwa Motomura, Junichi Hoshino, Kazuo Murakami, Takayasu Kawaguchi. Evaluation of mental stress by physiological indices derived from finger plethysmography. Journal of Physiological Anthropology, 32:17, 2013
  12. 本村美和, 川口孝泰, 中規模病院の看護管理組織に求められる医療情報スキル, 病院設備, Vol.54(3), 23-25, 2012
  13. 日向野香織, 柴山大賀, 白鳥和人, 森博志, 本村美和, 川口孝泰, 遠隔看護における看護介入法の効果-相互目標の設定を用いて-, 日本遠隔医療学会雑誌,8(2),166-169, 2012
  14. 白鳥和人, 日向野香織, 森博志, 本村美和, 川口孝泰, 相互目標設定による行動変容の誘導に重点を置いたビデオ対話と共有ブログ統合型遠隔看護システムの開発, 日本遠隔医療学会雑誌, 8(2),162-165, 2012
  15. Takayasu Kawaguchi, Masumi Azuma, Masae Satoh, Yoji Yoshioka, Telenursing, Part of the series Health Informatics, Telenursing in Chronic Conditions, 61-74, 2011
  16. Satoh M, Kawaguchi T, Masuhara K, Risk factors for revision total hip arthroplasty: emphasis on the characteristics of Japanese lifestyle, Arch Orthop Trauma Surg, 2009, 129, 1707-13, 2009
  17. Kawaguchi T, Azuma M, Ohta K, Development of a telenursing system for patients with chronic conditions. Journal of Telemedicine and Telecare. Vol10, 236-244, 2004
  18. Kawaguchi T, Uyama O, Konishi M, Nishiyama T, Iida T.Orthostatic hypotension in elderly persons during passive standing : A comparison with young persons.J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 56A:M273-M280, 2001